プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

利き酒 Feed

2015年1月14日 (水)

今年も十四代が入りました

                 

今年も、十四代の「槽垂れ」が入ってきました、日本中の二十代三十代の若い蔵元達が頑張っているので、美味しいい日本酒の蔵が増えましたが、「十四代」、「而今」にはまだまだ及ばないようです、さぁーて「槽垂れ」ですが、醪を絞る装置に「酒槽」というのがあり此処から垂れたものを集めて販売するものを「槽垂れ」と言う、特徴としては、オリが」少し混ざり酸味やコクが強い日本酒になる

B7tewbbcqaim6mw

2012年1月31日 (火)

まんさくの花飲み比べ

2月25日のまんさくの花飲み比べ、同じタンクのお酒でも、絞る順番によって味の違いが有る、初めの(荒走り)は、躍動感のある元気な味、(中取り)ソフトな口当たりで米の味わいが豊か、最後に出てくる(責め取り)爽やかで複雑かつキレの良い味、同じ造りでもこんなにもいろいろな味が楽しめる

2012年1月30日 (月)

秋田のまんさくの花飲み比べ

2月25日、秋田の日の丸醸造さんの「まんさくの花」の飲み比べを行います、総米900㎏の小仕込みのタンクのお酒を槽絞りにして、最初に出てきた(荒走り)、次の(中取り)、そして、最後に出てきた(責め取り)の三種類のお酒、同じタンクなのに、絞りでこんなにも味の違う、日本酒のおもしろさ
を是非御たんのうしてみてください。

2012年1月 8日 (日)

十四代純米吟醸槽垂れ無濾過が入荷しました。

10月1日が日本酒にとつて、元旦のようなもので、暑い夏を涼しい蔵等で熟成された新酒が続々と出荷されてきます、その中で今回、幻の酒、十四代槽垂れ純米吟醸無濾過入荷しました、槽垂れとは、お米を発酵させドロドロの物を、「もろみ」といいこれを絞ったものが清酒になり残った物が酒粕で、「もろみ」を絞る装置に「酒槽(さかぶね)」というものがありこれで絞ったものをそのまま瓶詰めにしたものを槽垂れと言います、是非一杯いかがですか。

2011年12月26日 (月)

j而今のおりがらみが入りました

而今の特別純米おりがらみが入ってきました、五百万石を40%みがいたフレッシュな日本酒で、口をあけると、シューという爽やかな音とフルーツのような香りがし、口に含むと、甘味と酸味のバランスの良い軽やかな飲み飽きしない日本酒に仕上がっていました、今だけのフレッシュな日本酒はいかがですか、而今さんは、250石(1石は1升ビン100本)とそんなには多く無いですが、自分の手をかけられる範囲を考え、丁寧に作っている蔵元さんです。

2011年11月 9日 (水)

今日はお燗の日

今日はお燗の日だそうです、これから寒くなるので、仕事が終わり冷えた体に、お燗酒、心も体も温まりそう、そこで、お燗の温度について、30℃日なた燗、35℃ひと肌燗、40℃ぬる燗、45℃上燗、50℃熱燗、55℃以上とびきり燗、風邪をひいた時に、生姜酒はいかがでしょうか、すった生姜を絞り熱燗の日本酒を入れて飲むのだそうです、温まりそう。

2011年10月16日 (日)

今年最後のお酒の会の出品酒、そのⅠ東京の豊島屋酒造

10月1日が日本酒にとって、元旦のようなもので、夏の暑い時期を涼しい蔵などでユックリと、熟成された日本酒が次々に出荷されてくる。    10月22日の今年最後のお酒の会の出品種を御紹介、そのⅠ、小山商店さんの500種類の中より厳選された5種類、東京 豊島屋酒造の「屋守純米中取り無調整生」、地下150mから富士山系の伏流水をくみ上げ、ほんのりコクとさわやかな香りとキレのあるしっかりとした辛口の酒、豊島屋酒造さんは、関ヶ原の戦い(1600年)以前から江戸で店を開いていた名店で、今でも、東京のお蕎麦屋さんでは、新潟の有名な酒(K)よりも支持されている東京ではナンバーワンの蔵元です是非一緒に飲んでみませんか。

2011年10月14日 (金)

今年最後のお酒の会を10月22日6時より行います

10月22日に行う、今年最後の「お酒を飲む会」の、お酒が決まりました、長野 信州銘醸の「鼎純米吟醸生」、東京 豊島屋酒造の「屋守純米吟醸無調整」、高知 西岡酒造の「どくれ純米あらばしり」、島根「王禄純米直汲み」、秋田 新政酒造の「新政純米亜麻猫」以上の個性のある日本酒を料理と共に提供いたします、時間は6時より                 会費は7000円でお願いします                   お問い合わせご予約はお電話でお願いしますtel-042-644-9820清水までお願いします

2011年8月26日 (金)

9月10日偉大な脇役昆布を楽しむ料理の会

9月10日に、偉大な和食の脇役・昆布をメインにした料理の会を行います、当日の昆布は、北野市場のヤマサン商店さんの御協力でいろいろな昆布を使った料理(平目の昆布〆、松前焼き等)を考えています、料理に合わせて、当日のお酒は、日本酒に造詣の深いヤマサン商店の若旦那にお願いしました。

2011年8月 8日 (月)

酒造好適米をみがく

酒造好適米は、いつも食べている米とは、異ると性質を持っている、米の外層部は、タンパク質や脂質が多く含まれているので、雑味が生じてしまう、そこで、余分な成分を取り除く、それが、精米で、日本酒造りに必要な残った部分を、心白と言い、精米歩合とは、玄米がどのくらい残っているかを言う、例えば、大吟醸酒などは、精米歩合が50%以上ときめられている、精米歩合が高いほど、スッキリと淡麗な日本酒になる。

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜