プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

日本酒 Feed

2013年5月27日 (月)

蔵元さんとお酒を飲む会を終わって

蔵元さんの会を終わって、花陽浴の蔵元さんに、ただただ感謝、蔵元さんは、山梨の生まれで、埼玉の大学に行っている時に、奥様と知り合い、酒蔵に入り、弟と三人で杜氏さんについて酒造りを学んだそうですが、杜氏さんが高齢という事もあり一年でいなくなってしまい、苦労を重ね、今では、試飲会などでも良い成績を残せる日本酒を造れるようになりました、次回の蔵元さんとお酒を飲む会は、6月29日、青森の陸奥八仙さんを招いて行います、是非御参加を。

2013年5月22日 (水)

今週土曜日の蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒

今週の土曜日に迫った蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒の御紹介、花陽浴、生もと酒武蔵、9号酵母の深いバナナの様な香りと優しい酸味が心地よい生熟成されたふくよかなお酒、「生もと」とは、今のようにバイオ研究が進んでいなかっ時代の造りで、自分の蔵にいる乳酸菌で酒母を造る酒造りの方法で今のように乳酸菌を買ってきて加えてやるものと違い(速醸もと)、大変手間のかかる造りのお酒です。

2013年5月16日 (木)

女性におすすめの酒粕の薬効

酒粕の薬効で女性に嬉しい話を、豊富なアミノ酸で保湿力と新陳代謝をまし、ハリのある肌にしてくれる、又、シミ、ソバカスの原因であるメラニンを抑制してくれる、そして、酒粕料理を日常的とることで、骨粗しょう症の予防と抑制が出来る、料理ばかりでなく、コスメとしてもお奨めです。

2013年5月15日 (水)

蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒の御紹介

5月25日蔵元さんとお酒を飲む会の花陽浴さんの出品酒の特徴を御紹介、まずは、純吟袋吊り瓶囲い無濾過生美山錦、美山錦の優しい旨味と穏やかな吟醸香無、濾過なので多少の澱が生じている、今年初めて美山錦に挑戦した蔵元さんの心意気を感じさせる一品に仕上がったこのお酒を是非御賞味ください

2013年5月13日 (月)

5月25日今年二度目の蔵元さんとお酒を飲む会

5月25日第二回蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒が決まりました、今回は、埼玉の花陽浴さんの純吟袋絞り瓶囲い無濾過生美山錦、純吟直汲美山錦生、純吟生もと酒武蔵米、純吟備前雄町生、純米大吟醸おりがらみ山田錦の五種類に決まりました、若き三人の蔵元達の日本酒を楽しんでみませんか。

2013年4月14日 (日)

今年最初の蔵元さんとお酒を飲む会

4月27日の今年最初の蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒が決まりました、今回は、東京東村山の「豊島屋酒造」の屋守 純米吟醸無調整生八反錦、純米吟醸無調整生雄町と、他の三種になりますが、屋守は、豊島屋の若き蔵元田中氏が自ら始めたブランドで、造りは同じでも、雄町という最古の酒造好適米と、八反錦という米の違いを味わうのも楽しみだ、時間は6時から当店で行います御予約お問い合わせはお電話でお願いしますtelー042-644-9820 清水までお願いします

2013年3月 6日 (水)

今年最初の蔵元さんとお酒を飲む会

今年最初の「蔵元さんとお酒を飲む会は」東村山の豊島屋酒造さん

に決まりました、4月27日の6時から行います、豊島屋酒造さん

は約400年前の慶長元年(1596)に江戸鎌倉河岸に居酒屋兼

一杯飲み屋として開業し、初代豊島屋十右衛門が神のお告げにより

作った白酒が江戸で評判になり蔵元としての地位を確立したそうです、白酒を桃の節句前に発売したことから、桃の節句に白酒を飲む習慣が出来、「山なれば富士、白酒なれば豊島屋」とうたわれていたそうです。

2012年11月24日 (土)

飛露喜の今年の新酒かすみ酒が入りました。

Img_1721


豆腐割烹 雪花菜
@hatioujikirazu

飛露喜の今年の新酒第一号、初しぼり、特別純米かすみ酒が入ってきました、瓶底には白い沈殿物が、瓶をしずかに振って開栓すると、うっすらとフルーティーな香り、口に含むと、微炭酸系の酸味そして、甘味を抑えた旨味が口の中に広がりさっぱりとした喉越し、今年もまた、これからの飛露喜が楽しみだ

2012年10月25日 (木)

お燗の会

度の土曜日に、仲間を集めてお燗の会を企画しています、今まで飲んだ中で一番は、何と言っても十四代の本丸のぬる燗、そこで、今手持ちの物や皆のお奨めの物を燗にして、温度を変えながら飲む会を開きます、日本酒は温度によっても味が変化するし、皆が馬鹿にしている燗冷ましでも甘味が増して美味い物が有る、日本酒の良さを、秋の夜長をじっくりと皆で楽しみたい。

2012年9月25日 (火)

今年最後の蔵元さんとお酒を飲む会

29日の蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒の新酒、鯨波純米吟醸「ひやおろし」がやっと入ってきたので、早速一杯、「ひだほまれ」という柔らかいお米を手洗い、限定給水し50%みがき、香りは控え目で優しく、口の中にほのかに甘味が広がり、抑えめの酸味が後味をすっきりとさせる、是非一緒にいかがですか。    9月29日6時より 会費ー7000円                               御予約お問い合わせはお電話でお願いしますTEL042-644-9820清水迄お願いします

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜