プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年5月 | メイン | 2013年8月 »

2013年6月

2013年6月13日 (木)

6月29日の蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒の御紹介

29日の蔵元さんの会の日本酒の御紹介、「漁火 特別純米」青森産の酒造好適米ー華吹雪を使用した一回火入れの生貯蔵酒(八戸のお酒だから魚料理にあう食中酒をコンセプトに造られた)、香りは控えめでスッキリとした辛口、しかし、辛口と言っても、最後に甘味と旨味を味わえる飲み飽きしないタイプに仕上がっている。

2013年6月 8日 (土)

蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒のが紹介

今月29日の陸奥八仙さんとお酒を飲む会の出品酒の御紹介、「特別純米直汲 生原酒」槽場(やぶた)の絞り口から出た酒を直接瓶摘めしたもので、完熟フルーツのような甘い香りと新酒らしい爽快感のあるフレッシュな口当たりのおさけに仕上がっている、是非御賞味を。

2013年6月 6日 (木)

酒粕の効能

酒粕と病気の良い関係について、まず、高血圧に、ストレスや加齢によって血圧が上がることがありますが、酒粕を食べることにより血圧を下げ安定させる事が出来る、又、ヨーロッパでうつ病の治療薬として使われているS-アデノシルメチオニンが含まれているので感情のコントロールをスムーズにして活力を洗えてくれる。

2013年6月 3日 (月)

6月29日の蔵元さんの会の出品酒の御紹介

6月29日の蔵元さんの会の出品酒の御紹介、純米吟醸(えんぶり)生、えんぶりとは、小正月(2月)に豊作を祈念して行われる八戸のお祭りのことで、青森冬の三大祭りに数えられている、味は、甘味と酸味のバランスが申し分なく、マスカットのような爽やかな香りの生酒特有の軽やかな飲み口の日本酒に仕上がっている。

2013年6月 1日 (土)

蔵元さんとお酒を飲む会

6月29日の蔵元さんとお酒を飲む会の蔵が、青森の陸奥八仙さんに決まりました、3月の大震災の後、湾から少し川を上った所に酒蔵が有るので心配だったので電話をしたら、蔵自体は大丈夫だったようですが、すぐ裏の川には、船が打ち上げられ、酒の絞りをしたいが重油が無いそんな状態での酒造りだったそうです、そんな中でも、若き兄弟二人で頑張って美味しい日本酒を造ってくれました、是非応援を。

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜