プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年10月 | メイン | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月22日 (火)

酒粕の薬効成分

酒粕の薬効成分の御紹介、まず、糖の吸収を抑える物質やタンパク質の分解吸収を促進する物質が含まれているので、糖尿病の方にはピッタリ、また、血圧の上昇を抑えるのに有効な六種類の物質が見つかり、市販の高血圧の薬と同じくらいの効果が有るそうです、寒くなるこれからの時期、酒粕で心も体も温めましょう。

2011年11月19日 (土)

酒粕が届きました

山口県獺祭の大吟醸の酒粕が届きました、江戸時代には、夏バテ防止のため、栄養価の高い酒粕が江戸の庶民の間で愛飲されていたようです、「酒は百薬の長」と言われるくらいアミノ酸などがタップリ入った飲み物、酒粕も栄養満点、しかし、粕汁を三杯飲んで、酒気帯び運転で捕まったという笑えない話もあるので、くれぐれも御用心を。

2011年11月18日 (金)

こんな寒い夜には日本酒を

こんな寒い日には是非日本酒を、日本酒には温泉効果があり血行を良くして身体を温める効果があり、ビタミン、アミノ酸、ペプチド、麹酸などが豊富で新陳代謝を高める成分が沢山含まれているので、悪玉コレステロールを減らし、血管を強くして、老化防止にも効果があり、ストレス解消にも良い、女性にも美肌効果が有るので、是非飲んでほしい、しかし、飲みすぎには御用心を。

2011年11月17日 (木)

飛露喜初しぼりかすみ酒が入荷しました

暑い夏を涼しい蔵等で、熟成された今年の新酒飛露喜の「かすみ酒初しぼり」が入ってきました、かすみ酒の名のとおりかすみがかった乳白色のお酒で、甘味と旨味が爽やかな出来で、去年は開封後一週間たってから又、飲んで見たら、直後に飲んだ時よりも、旨味が増していた不思議な日本酒、今年も又、開封した直後と、暫く経ってから飲み比べてみよう、又、一週間後が楽しみだ、今年は福島も震災で大きな被害を受けたのに、こおして又、新酒が飲めるかとを蔵元さん達に感謝。

2011年11月16日 (水)

かりん酒

お客様から、かりんを戴きました、去年も今の時期にいただいて、漬けこんでおいたかりん酒が琥珀色になって飲みごろになっています、かりんは、果糖、リンゴ酸、クエン酸、カロチン、ビタミンC、ミネラルを多く含み、咳止め、疲労回復に効果の有る薬酒で、11月の初めに黄色くなりその頃が漬け時です。先日も店のスタッフの一人が咳をしていたので、少し、かりん酒を持っていかせたところ、次の日には、咳が治っていた、お客さんのかりんに感謝。

2011年11月10日 (木)

荻窪でルバーブを見つけました

荻窪の産直のお店で、ルバーブを見つけました、先日、ツイッターで知り合った「かぼちゃん農園」さんから今年最後のルバーブを送ってもらったところだったので、もう今年は使えないかと思っていたので、思わず全部買ってしまった、冷凍もきくことだし、それにこのジャムの酸味は、今使っているトランベッタのヨーグルトソースにピッタリだったので困っていたのでラッキーでした、またしばらくはこのジャムが楽しめる。

2011年11月 9日 (水)

今日はお燗の日

今日はお燗の日だそうです、これから寒くなるので、仕事が終わり冷えた体に、お燗酒、心も体も温まりそう、そこで、お燗の温度について、30℃日なた燗、35℃ひと肌燗、40℃ぬる燗、45℃上燗、50℃熱燗、55℃以上とびきり燗、風邪をひいた時に、生姜酒はいかがでしょうか、すった生姜を絞り熱燗の日本酒を入れて飲むのだそうです、温まりそう。

2011年11月 8日 (火)

ブリ

ブリを買いました、これから本格的に寒くなると、益々美味しくなるブリ、刺身、照り焼き、ブリ大根も美味いし、内臓だって食べられる、以前当店でブリでコース仕立てにしてお客様にお出した時には、ブリを削ぎ切りにして、甘酢に漬け、バルサミコで軽く洗うようにして、ブドーをはさんでデザートとしてお出ししたら好評だった、今日は、ブリシャブとお燗酒でユックリと。

2011年11月 4日 (金)

暮坪かぶ

暮坪かぶが入りました、「美味しんぼ」でも紹介された、そばや鮪の刺身にピッタリの薬味に成る、「聖護院かぶ」等と同じ和種系のかぶで、形は丸い形ではなく大根のような長根系、皮のまますりおろしすと爽やかな辛みが辛み大根のようで薬味として使えますが、当店では、甘酢に漬けてお出ししています、酢に漬けるときれいなピンクの色が出て前菜などの彩には最適、飛騨の赤カブなどは、真っ赤になるが、これは爽やかなピンクなのでお客様もわざと色を付けたと疑われなくてよいかも。

2011年11月 1日 (火)

かやの実を見つけました

かやの実を見つけました、かやの語源は、枝などを燻して蚊を追い払ったところから、「蚊ヤリ」から来たとも言われています、又、実は絞って風味のある高級な天ぷらなどに使い、粉末にしたものを、寄生虫や夜尿症の治療に使用したそうです、木は将棋盤や碁盤として珍重されています。今日はこれを炒って食べてもらいましょう。

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜