プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2010年8月 | メイン | 2010年10月 »

2010年9月

2010年9月30日 (木)

手作り豆腐を御自宅で簡単に。

豆腐屋さんは、何故、豆腐を水に晒してしまうのでしょう、味も栄養価も水に逃がしてしまうのに、更に悪いことには、夏などの温かい時には、雑菌まで増えてしまうのに、そこで、自宅で簡単に美味しい豆腐を作れるキットを考えて見ました、一つは普通の豆腐、他に白胡麻と抹茶、どうですかネー

2010年9月11日 (土)

蔵元さんとお酒を飲む会の出品酒「鉄砲隊」

6月25日の出品酒、「鉄砲隊」」というお酒について、環境配慮型総健康農法で契約栽培した播州山田錦を55%も精米した、19BYのお酒で綺麗な味わいと香りが調和した、飲み口に仕上がった奥深い酒、鉄砲隊といえば、織田信長を最後まで悩ませた雑賀衆や根来衆はここ和歌山が出身地 で、何家にも別れていたので、内紛もかなり有ったようだ。           お酒を飲むと、太ると云われるが、お酒を飲むことで、胃が活発に働き、ついつい食べ過ぎてしまう、飲む時には、おつまみには高タンパクのものを避け、さっぱりしたタンパク質食品や野菜、海草類などをバランス良く食べるのが良いようだが、なかなかそれが難しい、飲むとついつい忘れてしまい飲み過ぎたり食べ過ぎたりと、次の日の朝に成ると反省だけはするんだよナァー。

2010年9月10日 (金)

「蔵元さんとお酒を飲む会」の出品酒が決まりました。

6月25日の「蔵元さんとお酒を飲む会」のお酒が決まりました、(車坂21BY純米大吟醸出品酒瓶燗原酒)出品酒なので、杜氏さんが自分の子供を育てるように愛しんで一年間育て上げた最高のお酒、口元へグラスを近づけると、爽やかな香り、喉に広がる米の旨味、そして、最後に喉の奥に香る吟醸香と、華やかさの中にも、ドッシリとした手応えの有る日本酒に仕上がっている、こんな日本酒の良いところは、適度な飲酒は「百薬の長」といわれ、健康を維持するだけでなく、積極的に元気を応援してくれる。        「蔵元さんとお酒を飲む会」は6月25日6時より          和歌山の郷土料理八品とお酒五種類のみ放題いで会費ー7000円     お問い合わせ御予約はお電話でお願いしますTEL 042-644-9820清水までお願いします       

2010年9月 8日 (水)

6月25日、蔵元さんとお酒を飲む会

「車坂」三年熟成酒について、熟成を三年もするとクセがでるが、50%も精白した大吟醸酒を5℃で三年間も低温貯蔵したことにより、自然で優しい豊かな香りと、口に含むとしっかりした旨味と酸味の調和したクセの無いものに仕上がっている。日本酒は毛細血管をひろげるので、マッサージと同じ働きがあり、その日の疲れを取るにはピッタリ、日本人は、晩酌をユックリする事で、その日の疲れを次の日に残さないそんな飲み方をしていたようです、くれぐれも飲み過ぎて、次の日までお酒を残さないようにしたい物です。
ご予約お問い合わせはお電話でお願いします
tel-042-644-9820清水まで

2010年9月 6日 (月)

お酒を飲む会の出品酒「車坂」

 6月25日の「車坂」の出品酒について、「滋賀玉栄」は有機減農薬で育てた滋賀県産の玉栄米100%の純米酒で、盃を持つと、優しい甘酸っぱい香りがし、口に含むとスキットした酸味が広がる、純米酒らしい穏やかな酒、日本酒は、悪玉コレステロールが酸化するのを防ぎ、善玉コレステロールを増やす事が、報告されている、又、毛細血管の働きを活性化させるので、血管を若々しく保つ働きがある 。

2010年9月 4日 (土)

お酒を飲む会

6月25日の「蔵元さんとお酒を飲む会」に来る和歌山の吉村秀雄商店の酒「車坂」は小栗判官が熊野(この地は古くから死霊が集まる死者再生の聖地)に向かう時に通ったと云われる地名で、「清酒車坂」は、上り坂を歩むような力強さで、下り坂を駆け下りるような爽快感をという思いからこの名を付けたそうです。 こんな気持ちを込めて造った今年の新酒「車坂」を蔵元さんのお話を聞きながら、一緒に飲んでみませんか。            アミノ酸が豊富で身体にも良いと云われている日本酒をユックリといかがですか。                                会費ー車坂五種類のみ放題と和歌山の郷土料理は八品で7000円     お問い合わせ 御予約はお電話でお願いしますtel 042-644-9820清水までお願いします。          

2010年9月 2日 (木)

今年最後の蔵元さんとお酒を飲む会。

暑い暑いと言いながらも、22BYの「ひやおろし」が涼しい蔵で静かに熟成され、出荷されるのを今か今かと待っていた新酒がやっと私達の元に届く時がきた、そこで、今年最後の、蔵元さんとお酒を飲む会を行いたいと思います、蔵元さんは、和歌山県の「車坂」を醸す蔵元で、コンセプトは、肩の力を抜いて感じるままに身を委ねた、そんなときに心に染み渡る優しいお酒を、秋の夜長をこんな感じでゆったりと蔵元さんと日本酒を飲みませんか、9月25日6時~お問い合わせは電話で telー042-644-9820清水まで会費は車坂五種類のみ放題と和歌山の郷土料理八品 7000円

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜