プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« いろいろな大根、今日の大根は、「ころ愛」 | メイン | 多摩独酌ー鳥取県に燗酒を学ぶ会に行って来ました。 »

2009年2月13日 (金)

種子島の幻の蜜芋ー「安納芋」見つけました。

 市場で安納芋を見つけました、安納とは、源平の戦いも、種子島にも及び、その地で源氏が平氏を破り、安らかに戦が納まったところから、「安納」という地名がついたそうです。芋と言えば、青木昆陽が有名で、凶作の時などの代用食や、第二次世界大戦の後の「農林一号」のように、ただ腹を満たすだけの、食料のように思っていましたが、アメリカ大陸では、スゥィートポテトと「薩摩芋」は呼ばれる程、糖度の高い種類が多いようで、本来は、今の薩摩芋のように甘く美味しい物ので、「安納芋」は、その代表的な種類で、蜜芋と呼ばれる程の糖度を持った物です、さて、今日は、どんな料理にしますか。        そして、薩摩芋は、薩摩に伝来したことに由来し、その伝来ルートにより、「唐芋」と呼ばれたり、「琉球芋」と呼ばれたりしています。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/567041/28487917

種子島の幻の蜜芋ー「安納芋」見つけました。を参照しているブログ:

コメント

安納芋 これは大変美味で大好きで通販で良く購入して、蒸かしたり、焼いたりして食べます。自然の甘みが最高です。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜