プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月

2008年11月22日 (土)

今日の白身は、氷見のブリ。

 明日、小淵沢の(ぼくの農場)のヤス君とユカちゃんの御家族の顔合わせが有る、そこで、焼き物は、鯛のけんちん焼きと前からきめていたが、刺身に何にを使うか、ここ何日か迷っていた。今日、市場へ行ったら、運の良いことに、氷見のブリが、ブリは出世魚なので、おめでたい時には、バッチリ、でも、10キロ、値段もかなり、そこで、半分だれか、他の店で使わないか交渉したところ、あるお店の御主人が、半分なら引き取ってくれるとのこと、目出度く、交渉成立、さて、明日は、刺身と他にどんな料理にするか、今から楽しみ楽しみ。

2008年11月20日 (木)

またまた、救急車

 又、後ろから、サイレンの音、左側の斜線へ、直ぐに、信号が赤だったので、止まっていると、救急車がサイレンを止め、隣に止まっている、どこかこの近くに、病人なのかと見回すが、救急隊員の降りてくる様子もない、片道二車線ずつのうえ右折、左折の車の通りの多いところなので、サイレンを鳴らしても、危険、そこで、信号で、止まっていたのだと、納得、その場、その場での安全に対する判断、それも、また、患者さんを安全に運ぶためのお仕事、ご苦労様です、これから、年末、益々忙しくなるでしょうが、頑張ってください。
 話は変わりますが、先日の小淵沢のヤス君とユカちゃんの野菜を使った料理の会で、ブロッコリーがあったので、少し調べてみたら、007のプロデュサーでブロッコリーさんと言うかたがいて、この人の一族の方が、ブロッコリーを売り出すのに、尽力されて、今のように、世界中で食べられるように成ったそうです。ご馳走さまでした。

2008年11月19日 (水)

高速道路で救急車が料金を払っていた。

 昨日、高速道路を走っていると、後ろから、ウゥーウゥーという音、救急車が来たので、道を空け、先に行ってもらった、しかし、すぐに料金所だったので、救急車が料金を払っている様子を見た、料金所の人に、聞いてみると、パトカーも払っていくとのこと、サイレンを鳴らし、一分、一秒を争っていると時に、道路公団では無く、民間企業なんだから、もう少し、考えてくれた方が、と思った一日でした。

2008年11月17日 (月)

料理の会を終わって。

 土曜日の、小淵沢(ぼくの農場)の野菜を使った会は、おかげさまで、盛会のうちに、終わる事が出来ました、彼らの、野菜の味が、美味しいのは、言うまでもないのですが、色が綺麗なので、これをどう生かすかが一番の問題でした、例えば、デザートに使った紫大根も、下ろして、湯がいて、大根くさをぬいて、使いたかったが、こうすると、紫色の大根が、普通の大根と変わらない、ただの、白い大根おろしに成ってしまう、デザートだけに、この淡い色の紫を生かしたいのに、色を大事にすると、大根のくさみが残る、大根のくさみを取ろうとすると、色が出ない、こんな、繰り返しの中で、何とか、当日を迎え、(ぼくの農場)の野菜を楽しんでもらう事が出来ました。 
 また、来年も、春になったら、ヤス君やユカちゃんの野菜を使って、料理の会をやりたいと思っています、どんな、野菜を持って来てくれるか、今から、ワクワク、ドキドキしています。

2008年11月15日 (土)

ゝ料ゝ理ゝをゝ楽ゝしゝむゝ会ゝ  美味しい有機野菜の贈り物!

tv昨今、「食」の安全が脅かされる報道が相次ぎ
料理人として、このような事態に
「何故このような事が起きうるのか!」と...
大変心を痛めております。
こんな中、こんなにも情熱を持ち、田畑に立つ
若い人がいることを多くの方に知って戴きたいと
切に願い、この会を開催する次第となりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「雪花菜」の料理に使用される有機野菜・お米は
 八ヶ岳山麓の小淵沢から、
まさに私ども料理をする者、
またお客様への贈り物と考えております。

…………………………………………………

present小淵沢“ぼくの農場”
ヤス君とユカちゃんの
美味しい有機野菜の贈り物!
present


…………………………………………………
ヤス君とユカちゃん、若い2人の
愛情いっぱい詰め込んだ
美味しい有機野菜が勢揃い...!
…………………………………………………

…………………………………………………
2006年春から山梨県北杜市小淵沢町で
畑約50a、田んぼ約50aの土地を借り、
新規就農した20代半ばの若いファーマーの
奮闘ぶりは感動を与えてくれます。heart01heart04note
…………………………………………………

料理お献立

前 菜
∵∵∵∵∵∵∵
紫キャベツの酢の物(赤蕪(かぶ))
にんにくの天麩羅(梅肉味噌添え)
ジャガイモのきんぴら
ジャガパープル・フルーツほおずきトマト


∵∵∵∵∵∵∵
赤蕪(かぶ)の蒸し物(甘(あま)鯛(だい)・ブロッコリー)

刺身
∵∵∵∵∵∵∵
紫大根の霙(みぞれ)和え(白身魚・鮪)

焼 物
∵∵∵∵∵∵∵
紅葉(もみじ)鯛の黄身焼き、菜の花のせ

煮 物
∵∵∵∵∵∵∵
米澤牛、茄子、ブロッコリー

揚 物
∵∵∵∵∵∵∵
じゃがいも(ジャガパープル)真女(しんじょ)
スティックセニョール


∵∵∵∵∵∵∵
お米“魚沼産コシヒカリAランク新米”のサラダ
紫キャベツ、サニーレタス
ラデッシュ、レモン

ご飯物
∵∵∵∵∵∵∵
“魚沼産コシヒカリAランク新米”
紅(こう)心(しん)大根、野沢菜、白菜のにぎり寿司

デザート
∵∵∵∵∵∵∵
紫大根ゼリー
       
全9品


推奨酒(山梨・長野)

bar山梨~さ々一 純米吟醸無濾過
bar長野~嘉(か)根(ね)満(まん) 純米無濾過生原酒


2008年11月13日 (木)

今日の、鯛は、大分、大分と言って思い出すのは、アルバイトの圭子ちゃん。

市場で、大分の鯛を買った、私が、大分と言って、一番先に思い出すのが、大分の蒲鉾屋の娘さんの圭子ちゃん、もう10年くらい前にアルバイトをしてくれていた、キューピさんのような顔をした、のんびりやさんのとても良い子でした、ある日、一人のアルバイトが具合が悪くなり、休むというので、替わりに、彼女に電話をすると、「どおしようかなー」の一言、他の子だったら、カリッと来るところなのに、彼女には、腹も立たない、その人の持って生まれた人間性て不思議なものです、又、休みの日に国へ帰ると、実家の蒲鉾を、駅に行って、観光客に売ったりする、頑張りやさんでもありました、もう、お母さんに成っているかな。

2008年11月12日 (水)

20数年ぶりの、女房との羽田へドライブ♪♪~~主人記

 年末に向けて、器の補充のため、かっぱ橋の道具街へ行った、帰り道、高速道路で、道を間違えると、大変だ、だから、標識をよく見ていてくれと、隣の助手席にいる、女房言ったのが間違いの元、新宿方面に行くはずが、羽田方面に、車は、進む、首都高だから、つながっているから、そのうち、新宿方面の標識が出てくるかと思ったのが、甘かった、結局、羽田に着いて、次の高速料金を払い、羽田の次の出口から出て、一般道をユーターン、直ぐに高速の入り口は、見つかったが、高速道路は、駐車場状態、遥か前方には、マッチ棒のように見える、東京タワー、右手には、羽田の光、おかげさまで、20数年ぶりの、女房と二人だけのあまりロマンチックでない、ドライブと成ってしまいました、でも、少しだけ、見栄を張って、ラジオを消して、息子に借りた、(グレー)の歌を聴きながら、の何とも言い難い家路でした。

2008年11月11日 (火)

今日は、鮭の日

 今日、十一月十一日は、鮭の日だそうです、十一と十一で圭に成り、魚に圭を付けると、鮭に成るからだそうです。
 鮭は、北海道、本州北部の川で産卵し、5㎝くらいになると、川を下り、3年~5年海で過ごし、体長70~80㎝くらいの親魚になると、生まれた川を上り、産卵、放精をし、大半は、死んでしまう、親魚は、川を上っている間、餌をとらず、オスは、その間に体高が高く成り(背っぱり)、上下の両顎が伸びる(ハナまがり)、という変化がみられる。
 今では、日本近海の鮭の資源保護のために、人工的に採卵、放流をしているそうです。
 当店でも、今日は、蔵元から送られて来た、大吟醸の酒粕が有るので、鮭を買って、石狩鍋を作り、温まりましょう。
 寒く成ってきたので、カゼなどひきませんように。

2008年11月10日 (月)

小淵沢の新米、新しい発見。

 新米を炊いてみて、炊きあがった時に、お米の粒が、鍋底に、くっっかない、最初は、気にもしていなかったが、今日、何で、鍋底からお米、一粒一粒がこんなに、取りやすいのか、考えてみた、そして、お米、一粒一粒が、しっかりいているからだろう、だから、かみ心地も今までの物より、数段、勝っている、これは、小淵沢という、寒暖の差の有る環境と、(ぼくの農場)のヤス君達のがんばりなのかナーと、思いながら、今日も美味しく、ご飯を一膳いただきました。ご馳走さまでした。

2008年11月 6日 (木)

今日の鮪は、壱岐の生鮪。

 今日、市場の鮪屋へ行くと、大間の鮪と、壱岐の鮪が有り、どちらが良いのか色や身のきめの細かさだけでは、残念ながら私には、わからない、そこで、どちらも、生なので、上の部分を少し切って食べてみた(これは、内緒)すると、今日の鮪は、壱岐の方が、しっかりと鮪の味がするので、これにすることにした、値段は同じでも、こんな違いが有る、まだまだ、魚の事は、わからない。
 勉強、勉強。

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜