プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年8月 | メイン | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月29日 (月)

小淵沢 “ぼくの農場” 紹介します!!

若い二人の畑ですheart01heart01

野菜に魅せられて頑張っています。
“雪花菜”の野菜はこんな素敵な所で作られるのですnotenote


笑顔が愛らしい“ユカちゃん”ですheart02

爽やかな青年“ヤス君”ですup


明るい楽しいご家族と農大生happy01happy01

“ぼくの農場たより”のブログは⇒  
http://boku-no-nojou.blog.so-net.ne.jp/

2008年9月28日 (日)

初秋の小淵沢に行って来ました!(*^_^*)

小淵沢のヤス君とユカちゃんの畑にsign04car

中央道を小淵沢に向かってsign04 2人の畑に到着sign01

稲刈りsign05sign05

ヤス君のご両親、ご家族、農大の学生さんが稲を刈り、
稲掛(はざがけ)のお手伝いに来ていましたhappy01


こんなに丹精込めて作り、愛情がいっぱいのお米が出来上がる事でしょうnote



黄色いほおずきトマトnote
杏(あんず)のような甘酸っぱくジューシーheart04heart04

2008年9月20日 (土)

またまた、車を、ぶっつけられた。

 もう、4回目に成ります、又、車をぶっつけられてしまった、その上、今回は逃げられてしまうし、車両保険を契約したのに、まだ前の保険の契約が数日残っているので、これもつかえない、踏んだり蹴ったりとは、この事だ、でも、直さないとそこが、錆びるしアァー困った。
 一回目は、市場の帰り、信号で、止まっていたら、後ろから、いきなり、ドンー、女性の方で、新しい口紅に気をとられていたとのこと、その日は、デートでもあったんですかネー。
 二回目もやはり、市場の帰り、またまた、信号で止まっていたら、今度は、前の車がいきなり、バックを知らせるランプが付いたと思ってら、そろそろとこちらえ下がって来る、クラクションをならして、身構えていたらやっぱり、ドンー、ヤァー自分だけ注意していてもだめな時はダメですね、でもお互いに気をつけましょう。



トラックバック URL


2008年9月18日 (木)

秋あがり 別囲い純米

 9月27日の蔵元さんと、お酒を飲む会の出品酒に、「豊香」秋上がり 別囲い純米というお酒が有ります、秋上がりは、冷やおろしと同じく冬場に造られたお酒を春から夏にかけて涼しい蔵の中でじっくりと熟成されせた旬のお酒のことで。別囲いというのは、普通、タンクでお酒を貯蔵するのですが、これだと、きめ細かい温度管理がしにくいので、ビンに一本一本詰めて最適な状態で熟成させる方法のことです、お酒一本一本に愛情を込めて造っている様子が名前からもわかるお酒です、今から、これを飲むのが楽しみで楽しみで、千秋の思いとはこのことかもしれません。是非ご参加を
 蔵元さんとお酒を飲む会
料理 五品でお酒は飲み放題
会費ー5000円 お問い合わせ ご予約はお電話でお願いします。
tel-042-644-9820 清水まで

2008年9月16日 (火)

九月九日は、「菊の花酒」

 バタバタしていて、「重陽の節句」のことを忘れていました。
旧暦の、九月九日の九は、陰ー陽で言うところの陽で、なおかつ、一番大きい数字でもあり、また、九が重なっているところから、「重陽の節句」と言われるようになりました、また、この日には、長寿にいいと言われる「菊の花酒」を飲む宴を開いて、長寿を願ったそうです。
9月9日から3月3日までは、日本酒はお燗で飲むのみかたが正式な飲み方だそうです。でも折角飲むんだったら自分の好きに飲みたいものです。
今、私が、一番気に入ってるお燗酒は、十四代の本丸を40℃でのむことです、マイルドな香りと口当たり最高、是非一度お試しを。

2008年9月15日 (月)

蔵元さんとお酒を飲む会のお酒が決まりました。

 豊島屋酒造さんの、持って来てくれるお酒が決まりました。
「豊香」の純米(生)、純米吟醸(生)純米(秋あがり)。「神渡」の純米大吟醸それと、10月に発売に成る「豊香」の純米、そして、今回は、豊香の焼酎も持って来てくれるそうです、今から大変楽しみにしています。
 お酒は、飲み放題でお料理5品で会費はー5000円と成っています。
皆様のご参加お待ちしています。
 お問い合わせ、ご予約はお電話でお願いします。
tel-042-644-9820 清水までお願いします。

2008年9月13日 (土)

とんぶり豆腐 造ってみました。

 「畑のキャビア」と呼ばれる、(とんぶり)を入れ豆乳とニガリで造ってみました。白と黒いブツブツのコントラストがとても可愛い豆腐に仕上がりました。
 とんぶりは、ほうき草の実の熱加工品で、秋田の特産品です、
収穫後に乾燥させた実を、いったん煮た後に一日程水に浸してから手でもんで外皮を取り除く作業を二~三回繰り返しやっと商品になります、あんなに小さく、それほど高価では無いのにこれからの寒い季節大変な作業になりそうですネ。
 身は1~2㎜の球形で黒緑色で光沢があり歯触りも似ているところから「畑のキャビア」と呼ばれ、今では、海外にも輸出されるように成ったそうです。

2008年9月10日 (水)

冷やおろしの出荷が始まりました。

 昨日、9月9日、長野の豊島屋酒造さんでは、「冷やおろし」の出荷が始まりました。
 「冷やおろし」は、冬から春に造られたお酒が、酒蔵の涼しい場所で
夏を経て熟成された物が空気も冷え、お酒の温度と同じになり、
酒質の劣化の心配の無くなったこの時期にでてくる火入れをしないお酒のことです。
 全国各地の蔵から今年も、美味しい、冷やおろしが出荷されることでしょうnote

またまた、楽しみな秋が来ました。happy01

2008年9月 9日 (火)

長野の蔵元、豊島屋酒造さんと、お酒を飲む会。

 本日、9月9日(火)、ひやおろし蔵出し開始に合わせて、9月27日(土)長野県岡谷市にある、豊島屋酒造さんがひやおろしを含め5種類のお酒を持って来てくれることに成りました。「豊香」を3種類と、「神渡」を2種類の予定です。
 お酒は、丁寧に醸された旨味の乗った、穏やかで控えめな香り、口の中でふくらむ旨味のバランス、透明感の有るキレの良い、そんなお酒です、是非、蔵元さんと一緒に、お酒を楽しんでみませんか。
 料理5品とお酒は飲み放題と成っています。
 会費ー5000円で午後6時より
お問い合わせーご予約はお電話でお願いします。
tel-042-644-9820 清水まで

大間のマグロを、ついに、買ってしまいました。

 市場で、大間のマグロを見てしまいました。アーア美味しそう、ついに、手が勝手に、マグロを、つかんでいます、又、元に戻すわけにもいかず、買ってしまいました。                      
 マグロは、60センチ~3メートル以上になる物まで、クロマグロ、メバチマグロ、キハダなど、8種類がマグロ属に属しています。
 海中では、口と鰓蓋を開けて遊泳し、ここを通り抜ける海水で呼吸をするので、泳ぎを止めると窒息してしまいます。可哀想ですね、マグロってだからこそ、美味しく食べてあげましょう。
 マグロの名前の由来は、回遊魚でなおかつ、群れをなしているので、マグロが回遊して来ると、あたりいちめん真っ黒に成るので、真っ黒がマグロに成ったと言う説が有るようです。

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜