プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年7月 | メイン | 2008年9月 »

2008年8月

2008年8月30日 (土)

もう、お節の撮影の時期に成ってしまいました。

アット言う間に、 一年の三分の二が終わり、またまた、正月のお節料理の撮影の日が明日に迫って来てしまいました。まだこの時期には、手に入らない物も有るので市場へ行ったり、マーケットに行ったり、四苦八苦しながら材料集めに追われた土曜の午後でした。しかし、お節は、一年の始まりを家族で祝う大切な料理、ガンバッテ作らねば、鉢が当たる。その品、いつぴんいっぴんに昔の人達からの願いがこもっている、例えば、数の子は、子供が出来るようにということと、子孫の繁栄を、また、昆布は、喜ぶに通じていたりと、いろいろな願いを込めて一年の初めに家族が一同に揃い最初に食べる大事にしたい日本の習慣です。

2008年8月27日 (水)

黄色いトマトとと、ジャガパープル

 またまた、小淵沢の野菜の話です、トマトのなかに、先の尖った物や、黄色いトマトが有りました、「トマトが赤く成ると医者が青く成る」と言われるほどトマトは、身体に良い物ですが、はたして、黄色いトマトはどうなんでしょか、ご存じのかたは、教えてください。
 これと一緒に、ジャガパープルというじゃが芋が入っていました、皮も中も紫色で、切ってしまうと、紫芋と区別が付かない物でした、先ず、フライドポテトにしてみたのですが、ほとんど味が無いので、この料理方は断念、一度、湯がいてから、赤ワインとバターに少々の砂糖で炊いたところ、これがグード、色もきれいだし赤ワインの酸味とこのジャガパープルの相性が良くなかなかの仕上がりと成りました、前菜のいろどりとして今使っています。まだまだ、いろいろ知らない野菜が有ります、次はどんな野菜が来るのか、楽しみ楽しみ。

2008年8月23日 (土)

またまた農場からの贈り物

 今日は、ローザビアンカと言うナスについて、形は丸ナスのようで、
色は薄紫の物で、イタリアの伝統的なナスだそうです。
当店では5ミリぐらいにスライスして、油で揚げて、
玉味噌で食べていただいています。

 flairナスの効用を少々。  

ナスは実だけではなく、へたも健康に役立ちます。
歯痛、口内炎には、なすのへたの黒焼きをつけると効果的。
軽い火傷には、冷蔵庫で冷やしたなすで湿布をすると
炎症がおさまります。
また舌、唇のはれには、なすのへたを10日ほど干し、
カラカラになったものを患部にぬると痛みもとれます。


2008年8月22日 (金)

ヤス君とユカちゃんの農場 パートⅡ

 小淵沢から新鮮な野菜を仕入れてきましたsign01

その中で“素麺南瓜(そうめんかぼちゃ)”は見かけは、瓜のようですが、輪切りにして、
5~6分蒸すと中の実が素麺のようです。素麺南瓜自体には
味が無いので、三杯酢などで食べるのが、暑いこの時期にはお奨めです。

 素麺南瓜は、「金糸瓜(きんしうり)」とも呼ばれ、
ウリ科カボチャ属の“ヘボカボチャ”の一種で、
ズッキーニと同じ仲間になります。

 又、、βカロチンや血液中のリンパ球を活性化し免疫を上げる
クリプトキサノチンなど栄養価も高いようです。

 韓国では、2年くらい前から冷麺に入れる麺の変わりに、素麺南瓜を
入れるヘルシーな冷麺が流行しているようです。flair

2008年8月21日 (木)

ヤス君とゆかちゃんの農場へ行って来ました。

 小淵沢の農場へ行って来ました、午後行ってみたら、作業場で収穫してきた野菜の袋詰めを二人で向かい合って楽しそうにやっているところでした、 トマトはまっ赤に完熟してツヤッヤ、ナスもずっしりと重くなす紺と言うより黒光りしています。私の仕事場と違い空は広いし、空気も旨い、バッタもいるし、カエルいる農薬を使わずに農業をするのは、たいへんだろうけれど、美味しい野菜のために二人で頑張っている様子が何とも言えず実に微笑ましいものでした。私も、負けずに美味しい料理を作らなければと思った一日でした。
 その時に譲ってもらった野菜にホオズキトマトが有りました見た目は、ホオズキ、皮をむくと中に5ミリぐらいのトマトで、ほんのり甘いチョット食べるのが可哀想なかわいらしい物です。美味しいですよ、是非一度食べに来てみてください。
 

2008年8月17日 (日)

豊葦原瑞穂の国

 家族で、千葉へ行ってきましたcar
郊外へ行くと、まだまだ、青々とした稲の穂が風に
なびいている姿を見る事ができます。
そこで、「豊葦原瑞穂の国」と言う言葉を思い出しましたsign01
今の農業は、高齢化や農地の宅地化等いろいろな問題を
抱えているようですが、人間の身体は、食べる物から出来ています。
(こんな事は当たり前)だから、農家の皆さん頑張ってください。sign03
一坪(今で言う3、3平方メートル)は、一日に人間一人が食べる
量が取れる大きさからきている単位だし、一反は、太閤検地の前までは、
360坪(太陰暦で一年)と言うふうに、お米と言う物が日本人の生活に
密着したものだったようです。
 
 carcar明日、ヤス君とユカちゃんの畑へ行って来ます。
若い二人の野菜に会って元気をもらってきます。  sign05主人

2008年8月13日 (水)

三浦の冬瓜 パートⅡ

 今日は、まだ、どのように冬瓜を料理して食べるか決まらないwobbly
頭のなかを冬瓜料理がグルグル回っているsweat02sweat02困った。sad

 気分を変えて(冬瓜)について少々。book

 冬瓜はウリ科の植物で、原産地はジャワ、日本には、4世紀頃、
中国、朝鮮半島を経て渡来しました。
 
 ビタミンCが豊富でシミを薄くしたり、身体の免疫力を高めてくれる。
また、リノール酸を含み、漢方薬に配合され、利尿薬、消炎剤、
嚥下剤として利用されている。
 
 現在では、低カロリーなのでダイエット食材としても注目されている。

 又、水分が90%と豊富で体熱を下げる効果有るので、
今年のように暑い夏には、身体の中から健康に成る冬瓜がお勧めです。note

 折角送っていただいた冬瓜を、もりもり食べて、
サアー、この夏を乗り切るぞー。rockscissorshappy01主人

2008年8月12日 (火)

三浦から冬瓜がやって来た。

 毎年、この時期に成ると、三浦半島の農家の方から
冬瓜が送られて来ます。sign01

 まるまるとした大きな緑のツヤツヤした物が三個。
さて今年は、どうして食べようかup
まず、今日は、flair卵とじにして食べようnote
卵の黄色に豆腐の白そして冬瓜の緑色も綺麗だし、
冷やして、生姜を絞って食べたら、ヤァー、ビール旨いだろナー、beer
 
 さて、明日は、どうして食べようかflairと今から楽しみです。

 「冬瓜」は「冬」という字がつきますが立派な夏野菜です。

 冬瓜は保存に適した野菜で、冷暗所に置いておくと
冬まで貯蔵出来るのでこの名がついたそうです。note


2008年8月 9日 (土)

桑の都 八王子の桑の葉入り豆腐出来ました。


 八王子と言えば絹織物の町として、以前は、日本全国に
その名が知られていました。
「野ッ原は広大で桑は千万株、そこに住む人達はみな養蚕で暮らしてる」と、うたわれるほど桑の木は多かったようです。
因みに私の行っていた、小学校も中学校も校章は
桑の葉をかたどったものでした。

 そこで、そんな、八王子に馴染みの深い桑の葉で豆腐を
作ってみることにしました。
色は深い緑で、味は抹茶のような少し苦みのある
大人の味に仕上がりました。是非一度お試し下さい。

 桑の葉は、ビタミンC、βーカロチン、カルシュウム、
亜鉛などのミネラルや食物繊維などが含まれていて、
免疫力の向上、杭ガン作用、血糖値の抑制、
整腸作用などが有るそうです。sign05主人


2008年8月 8日 (金)

東関東自動車道で落下物 オーこわ(@_@)~トマト!トマト!

 昨日、高速に乗って東京方面へ向かっていた時の事、前方のトラックから横50㎝、たて1mぐらいのステンレス板のような物がいきなり落下、バウンドして右側のフェンスの方え跳んでくれたので大事にいたらなかったのですが、冷汗ダラダラ、しかし、まだもう一枚の板が落ちそうにブラブラしていたので、そのトラックの運転手にクラクションで警告したのですがわからずに行ってしまいました。事故が起こらなかった事を願います。


 気分を変えて、(赤系トマト)の話を、
加工用の赤系トマトは農林水産省の規格で実が熟してからでないと
収穫が出来ないため、収穫は、真夏だけですが、
一方の(ピンク系トマト)は、ハウス栽培が出来るため
一年中収穫することが出来ます。
又、生食用は、少し色付き始めた時に収穫し、店頭に並ぶまでに
少しずつ赤みがますようにします。
そのため、加工用トマトの方が、生食用より、
リコピンは約3倍、ビタミンCは約2倍、食物繊維は約1、5倍という
数字もでていますが、当店のトマトは木で熟した物が来るので、
栄養価は加工用にけして負ける事はけしてありません。happy01主人

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜