プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2008年1月 | メイン | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月28日 (木)

大根パートⅠ ◇ふろふき大根(考)

sign05ふろふき大根
 
 もうそろそろ、冬大根も、食べられなくなってしまいます。
 
青首大根と違い、ブリ大根にしても田楽にしても、美味しいですよネ。

何で、“ふろふき”sign02なのでしょうup

『昔の職人さんは漆を乾かすのに...sign05
 漆はペンキとは違い内側から乾いてくるんですね、
 また、その時、湿気が無いと乾いてくれません。
 日本の夏は、ジメジメして湿気が有るのでいいのですが、
 冬場になると乾燥していてなかなか漆が乾きません。
 そこで、漆を塗った物を入れて乾かす場所を“ふろ”と言います。
 ここに、大根を炊いたお汁を口に含んで吹き付けて置く、そうすると
“ふろ”の中が適度な湿気をおびて、漆塗りの器が乾きやすくなるそうです。 でも、この大根の炊いた物が大量にでて、
 自分の所だけで食べきれないので、近所に配って食べてもらったのを、
 “ふろふき大根”と言われたのが始まりだそうです。』

               ~~今日の主人の一言ですnote
    

2008年2月20日 (水)

お雛様を飾りました(*^_^*)

今年は少し遅くなってしまいましたが、...note
私のお雛様を毎年飾っています。何年前のお雛様sign02


もうすぐ桃の節句note

雪花菜でお雛祭りを華やかにいかがですかupsign05

 雛祭りの懐石(全9品)
ぐるなび限定:7,000円を5,000円にて...3月15日迄


【八 寸】雛祭りの八寸       
    「蛤の塩釜焼き・二色玉子菱形・空豆
    「独活筍・長芋紅白梅・花蓮根・ままかり

【お造り】白身魚と香菜の梅肉ソース

【焼 物】天然活き「伊勢海老」プレゼント
      福岡「八女」の筍有馬焼き 

【お凌ぎ】宮城産極上白目大豆使用!
      作り立ての湯葉豆腐

【揚 物】春の天麩羅
    (たらの芽・蕨・筍穂先・独活)

【強 肴】自家製三美豆腐 
    ( 苺豆腐・アボカド豆腐・白胡麻豆腐)

【 止 】米澤牛の豆乳しゃぶしゃぶ

【ご飯物】ちらし寿司
    (イクラ・キャビア・海老
     菜の花・錦糸玉子・田麩)

【水菓子】苺の豆乳花と小倉餡と苺の湯葉包み

※納得のいく食材を主人自らの目で仕入れを致しますので、
 献立の内容が変わることがあります。

2008年2月18日 (月)

今日は久々に休みがとれました(*^_^*)

昼間はとてもお天気が良く、春の息吹を少し感じることもできましたが、
冷たい風に寒さもまだまだ続きそうですね(;_;)

梅見月(うめみづき)とも呼ばれる如月、二月。

book梅は遣唐使が派遣された奈良時代に中国から日本に伝わりました。
   唐の中国では、西域の文化を受容しながら、のびやかな文化が
   発達しており、それは当時の万葉人にとって大変モダンに
   かんじられるあこがれの文化でした。
   中国伝来の梅にも特別な思い入れがあったことでしょう。
   そのせいか、『万葉集』には梅の花が百二十首も詠まれています。

   言葉少なに、ただほのかな香りを楽しみ歌を詠む。
   そんな梅見は、日本人の感性に良く合っているのでしょう。

          book「和ごよみの暮らし」より 

2008年2月17日 (日)

< 美酒探訪 > 多摩 独酌会。。。

今日は“東京マラソン”sign01テレビでは朝から中継が映っています。
市民ランナーの皆さんも頑張って走っています。
毎年このイベントは、応援する側も、ランナーも、
心に爽やかな感動を与えてくれます。

ところで当店の今日は、日本酒を勉強して来ます。

冬酒を楽しむ
 甘露の美味さを知る

日本酒の美味しさは冬にあるsign02
では食中酒の楽しみはご存じですかup

酒だけで飲む楽しみもまた一興sign01
しかし、冬ならではの楽しみ方もあります。

それは何と言っても淡く濁った酒、活性をしっかりと感じさせる酒、
加えて燗酒の美味に他は無いのです。

これらの酒が食中酒としても、酒だけでも存分に楽しめる良さ、
これを知る機会として参加した次第です。

参加蔵元

sign05佐久の花(長野)蔵
sign05奈良萬(福島)蔵
sign05天青(神奈川)蔵
sign05豊香(長野)蔵
sign05陸奥八仙(青森)蔵
sign05一喜(千葉)蔵 
 以上6蔵の蔵元さん

何れも劣らぬ実力の酒に感激ですsign01


   ~湘南「天青」蔵見学のスナップ


   ~「奈良萬」蔵元さんとお酒を飲む会スナップ


   ~「陸奥八仙」蔵元さんとお酒を飲む会スナップ

当店は毎年『蔵元さんとお酒を飲む会』、『蔵見学』を開催したおりますnotenotenote

今年も企画を致しますので、ご一緒にいかがですかhappy01
                           主人

2008年2月10日 (日)

※ 雪うるい (山形の雪の中より~)

 
※白い雪のようなsweat01山形産雪うるい

山形でもことのほか雪深い最上地方は山菜の宝庫だそうです。
長いながい冬の間、静かに土の下で眠っていた小さな芽が、
雪解けとともに、いっせいに顔を出す。
こんな春の兆しsign01芽吹きの喜びを
二月の八寸でお楽しみ戴けますnote

いち早く春を是非感じてくださいupnote

2008年2月 9日 (土)

雪 ※ ゆき ※ 雪...

雪の雪花菜

先週も雪に見舞われたお客様sweat02
今夜はご友人とグループで、
雪もなかなか風情があるじゃないsign01と..。

タクシーでお帰りのご家族は、降り積もった雪にびっくりdash
雪だるまが作れると大はしゃぎりでしたsnow


2008年2月 8日 (金)

冬空に満天の煌めく星々

スタッフに風邪引きさんがでました。
お客様の事を考え、本日はお休みして貰いました。

今日のご予約は会社関係の接待の席、記念日のご予約等々
プレミアの本格焼酎が人気人気でしたsign01
『天使の誘惑』『侍士の門』『魔王』『百年の孤独』


日本酒は『十四代』・『飛露喜』、
寒さの厳しい日はお燗も美味しいですねnote

金曜日の夜は殊の外忙しさに追われ、
気が付いてみれば、...今日も一日が終わります。

見上げてみれば
冬空は燦然と輝く星々shine
星の欠片がおちてくるような厳しい寒空
★シリウス shineギリシャ語「焼き焦がす物」
この冬の夜空で一番明るい星

2008年2月 7日 (木)

ほろ苦い蕗の薹...

もうすぐバレンタインデーがheart01

素敵な二人に素敵な夜をbar

http://plan.gnavi.co.jp/shop_plan_detail.php?id=g843500&i_plan_id=146
天麩羅にした“蕗の薹”はほろ苦い春待ちの味note
まだまだ寒い季節に冷たい土をぐいっと持ち上げて
ひょっこり顔を覗かせる蕗の薹...愛おしい小さな蕗の薹


恋する心に、似ていませんか?

2008年2月 6日 (水)

主人のうんちくを紹介します!今回は『鮪』

ear鮪(まぐろ)

背が青黒い~肉が赤黒い~眼が黒い~等、このような事より『眼黒』。
『眼黒』が『まぐろ』と成ったと言われるようになった。

『日本書紀』によると、思寐(しび)や鮪(しび)等記述があり、

『万葉集』では鮪。鮪は「魚へん」プラス「尋」の
異名であり、獣のような赤い肉の魚の意。

「山部赤人」が明石を旅した時、繁栄のマグロ漁をたたえて
歌詠んだ日、10月10日は“鮪の日”と成った、と言う。

また、鮪(まぐろ)は海をまっ黒にする程大きな魚である。

2008年2月 5日 (火)

送別会...

送別会のご予約でsign05sign05

飲み放題付きのプランでご用意致しました。
主賓の方が大の日本酒好きnote

当店のオリジナル飲み放題は、
 日本酒は『久保田』『八海山』はもとより、
 山形『楯の川』『山形正宗』、等純米吟醸クラスが勢揃いsign01
 『ダンチュウ』で取り上げられた地酒も自慢happy01

プレゼントの花束に埋もれた笑顔が印象に残るご予約でした。

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜