プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

文理学部史学科卒。日本酒好きが講じて全国の蔵元さんをお招きしてお酒を飲む会を毎年企画。日本の文化とも云える日本酒をひろめていきたい。今はパソコンも上達。スポーツは夏は水泳。冬は家族とスキー!もっぱら雪見酒ですが、...スポーツ観戦(野球)が大好き!好きな物と言えば、読書とやはり日本酒が良いですね。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2007年8月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月

2007年11月23日 (金)

心を込めてお客様へ...

本日のお昼席は大変混み合い大変でした。

ご結納、七五三、お誕生日、等
お祝いのご予約がほとんど...

細やかな気配りのおもてなしが大切
スタッフ一同心してsign03
 


2007年11月18日 (日)

三重紀伊半島の伊勢海老

三重産の天然活き『伊勢海老』
26周年記念して、今年の忘年会プレゼントに取り寄せております。
もうすでにご好評を戴きご予約が入りました。
元気な暴れ者sign02お客様にお見せしてから焼き物にしますので、
驚きの声と、『可哀想だけど、(*^_^*)美味しそうnote

2007年11月10日 (土)

青森八戸酒造蔵元さんとお酒を飲む会

『 陸 奥 八 仙 』(むつはっせん)

青森県特産米「華吹雪・華想い」を巧みに使いこなす
バランスの良い仕上がり、青森を代表する新しいブランド「陸奥八仙」。
八戸酒造長男、駒井秀介氏の入魂の酒である。

大盛況sign01若い蔵元さんは引っ張りだこnote

今宵は蔵人の酒造りに想いを馳せ思う存分愉しもう...

「陸奥八仙」という酒銘の由来は?中国に古くから伝わる
八人の仙人(酔仙)にまつわる故事があります。
それによると、酒仙たちの様々な逸話や世俗の有り様など、
興味深い酒の楽しみ方や味わい方が語られています。
「陸奥八仙」は、この故事から引用し、
「飲む人が酒仙の境地で酒を楽しんで頂きたい」
思いを込めて名付けられた銘酒。
「陸奥八仙」の誕生と共に今は若い人にも
日本酒を飲んでもらいたいとの想いで若き杜氏の心意気は
地元から関東圏にまで...

創業安永四年(1775年)、
陸奥八戸にて酒造りを始め早230年。
南部杜氏伝承の技と独自の手法、丁寧に磨きあげた陸奥の厳選地米、
八戸大地の石灰岩層の地中深くから湧き出る清冽な水を用い、
凍てつく自然環境の中、蔵人たちが精魂込めて手造りした逸品。
地元で愛され、何度でも飲みたくなる美味さは、
青森県を代表する酒となりました。

陸奥八仙出品酒bar

■陸奥八仙「華想い」純米大吟醸
■陸奥八仙 特別純米中汲み無濾過生原酒(直汲み)
■陸奥八仙 純米吟醸中汲み無濾過生原酒
■陸奥八仙 吟醸中汲み無濾過生詰め
■陸奥男山 がんじゃ里山の酒
■仕込み水

料 理

青森の郷土料理を
「陸奥八仙」と共にお愉しみください。

○[前 菜] イカのとも合え・阿房宮(菊)の胡桃合え
○[ 椀 ] ひっつみ(きんめのすいとん)
○[刺 身] 鰊(にしん)のぬた
○[焼 物] 蕎麦餅
○[煮 物] 鱈のじゃっぱ汁
○[揚 物] 蟹の喜美揚げ
○[鍋 物] 湯豆腐、南蛮味噌
○[ご 飯] 干しホタテの炊き込みご飯
○[水菓子] きんかもち(小麦粉・黒砂糖・胡桃)

2007年11月 1日 (木)

老舗料亭伝承!美しい日本の伝統を継ぐお節料理

老舗料亭伝承健やかな新年を祝う
『 雪花菜華やぎのおせち 』

ご予約は12月27日まで承ります。
個数限定のため、お早めにご予約を...

東京永田町料亭「一條」・八百善の流れをくむ懐石「柏屋」で
長年薫陶を受けた主人が手がける本格的なお節。
食材は主人自らが生産者を訪ね、納得したものだけを使用。
老舗料亭伝承の技を駆使し、防腐剤や食品添加物を一切排した
仕上がりを実現しました。
身体に優しい柔らかな味わいに“本物”を求める方もきっと納得されるはず、料理人である主人による一年を締めくくる祝いのお節、
一品々心を込めて料理いたします!!


≪壱の重≫栗きんとん・丹波の黒豆・チョロギ・伊達巻
     市松玉子・百合根・紅白蒲鉾・田作り、等
≪弐の重≫伊勢海老・天然真鯛・車海老・海老鉄扇・鮑・鮭
     数の子・鰆の西京漬け・身巻きからすみ・百合根茶巾
     子持昆布・鰤柚庵焼・はじかみ・合鴨の燻製
     ローストビーフ、等
≪参の重≫里芋・くわい・牛蒡・昆布巻・筍亀甲・京人参
     木干・花型蓮根・スモークサーモンと蓮根
     金柑甘露煮・柚子釜紅白膾・お多福豆・手毬麩 、等

全45品目

【三段重 『寿芳』 55,000円 】
【三段重      37,000円 】
【二段重      25,000円 】

主人のコメント!~

素材の厳選から盛り付けまで、私が一貫して手がけております。
そのため大量生産はできず、手間を考えると、とても採算を
考えてする仕事とだとは思っておりません。
私自身一年の締めくくりとして、また新しい年を迎えるにあたり、
料理人として今年最後の料理になるお節を気合を入れて作ります。
日本人が大切にしてきた味をじっくりとかみしめたい・・・
そんな方にぜひ召し上がっていただきたいお節です。

   

懐石・豆腐割烹 雪花菜 のサービス一覧

シェフ紹介:
シェフレシピ:
BEST OF MENU
懐石・豆腐割烹 雪花菜